賃貸経営と損害保険

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「賃貸 保険」
に関連するツイート
Twitter

とりあえず、 明日データまとめて送って 連絡メールして 賃貸と引越しの手続きして 保険と取引先に連絡して… 頭パンクするわ

Twitter xxxzelop05 れご先生@主食はディディエ - 0:02

リツイート 返信

来月の賃貸保険料と更新手数料4万円の支払いがつらい... なんでこんなにお金がないタイミングなの😞

Twitter bts_jm0313 미유키🐥💕 - 昨日 23:21

リツイート 返信

■毎日更新HP!!■阪神間でのお家探しなら有限会社ハーヴェストホーム!!! |新築一戸建て|分譲|住宅|土地|マンションの売買仲介|リフォーム斡旋|賃貸管理|不動産業|損害保険代理店|兵庫県|西宮市 harvesthome.jp/index.php via @harvest_home

Twitter harvest_home 西宮 不動産 ハーヴェストホーム - 昨日 23:04

リツイート 返信

追記。住む自宅は賃貸で、掛けようとした保険の掛け金は、毎月の月掛け定期預金で管理し、自家用車も必要なし、無駄な宝飾品や高価な時計等々は、絶対購入しない事だ。現金を出来るだけ確保して貯める事を進める。金利が掛かる事は絶対にするべからずだ。企業や業者に惑わされる事が無い様に願う。

■毎日更新HP!!!■阪神間でのお家探しなら有限会社ハーヴェストホーム!!! |新築一戸建て|分譲|住宅|土地|マンションの売買仲介|リフォーム斡旋|賃貸管理|不動産業|損害保険代理店|兵庫県|西宮市 harvesthome.jp/index.php via @harvest_home

Twitter harvest_home 西宮 不動産 ハーヴェストホーム - 昨日 22:34

リツイート 返信

はじめての独り暮らし!大家さんから求められる火災保険賃貸物件の関係について hokenwalker.com/homeowner-rent… #火災保険 #賃貸 pic.twitter.com/CHMn6Vjn3K

Twitter hokenwalker やっぱり保険のことなら保険ウォーカー - 昨日 22:27

リツイート 返信

阪神間でのお家探しなら有限会社ハーヴェストホーム!!! |新築一戸建て|分譲|住宅|土地|マンションの売買仲介|リフォーム斡旋|賃貸管理|不動産業|損害保険代理店|兵庫県|西宮市 harvesthome.jp/index.php via @harvest_home

Twitter harvest_home 西宮 不動産 ハーヴェストホーム - 昨日 21:34

リツイート 返信

...ガイドラインが敷かれても強制力がなく、特約で逃れている。 もし下記に挙げる改善を施行する政党がいるなら投票したい( ´∀`) つーか政治家さん、やってくれ。 賃貸契約時に ○火災保険会社の選択自由 ○電気ガス会社の選択自由 ○礼金、更新料廃止(ただの通例としてあるだけ) ○特約は役場に申請して理由として正当性が認められた...

賃貸保険加入、火災警報機、仲介手数料について無知なので、教えていただけると... bit.ly/1ugELpb

#賃貸不動産経営管理士 #過去問 賃貸不動産経営管理士試験、合格への道 : 賃貸不動産経営管理士過去問項目別 保険(平成27年問34・平成28年問40) blog.livedoor.jp/yamacfnets-chi…

Twitter CFyamaguchi 不動産コンサルCFネッツ 山口智也 - 昨日 19:00

リツイート 返信

賃貸物件が火災になってしまった場合には

火災は原則として損害賠償の対象にはなりません。
つまり、隣の部屋から出火し、自分の部屋が被害を受けた場合でも隣の部屋の住人に損害賠償を請求することはできないのです。
もしも放火などの重過失がある場合には賠償の対象にもなりますが、殆どのケースでは賠償が認められることはないでしょう。
賃貸物件の場合は部屋が繋がっているので、1件で火災が発生すると被害は大きくなる可能性があるため、自分の財産を守るためにも個人で火事に備える必要があります。そのために加入するのが火災保険です。
また、守るべき財産ないから保険は必要ないと考える方もいるかもしれませんが、賃貸の場合は原状回復義務が発生します。
要するに、部屋を借りた時と同じ状態にして返すことが借りた側の義務になっているため、火で部屋が焦げた、放水で水浸しになった場合でも家主が修復しなくてはなりません。それを踏まえると、やはり保険への加入は必要なのです。
ちなみに、殆どの賃貸では保険料を家賃と一緒に徴収しているため、個別で契約する必要は必ずしもありません。

賃貸経営と損害保険について

賃貸経営と損害保険 2011年、東北地方と関東地方で起こった未曽有の大震災以降、近年、各地で地震が頻発しています。
設備投資をして収入を得る賃貸経営では、地震や火災で施設に損害を受けると、速やかな補修ができなければときには収入も途絶えてしまいます。
天災のほかにも、思いがけない事故に備えるためには、損害保険の活用が効果的です。
賃貸経営の所得は、収入から必要経費を差し引いた利益に対して課税されますが、保険の掛け金は必要経費になるので、もしもの備えと節税が一石二鳥で行えます。
また、掛金の金額を決めるベースである料率は、将来的に上がることはあっても下がることは期待が薄く、長期間の契約をすれば割引もあるので、1年以上の期間分をまとめて契約するのも、財務面で有効です。
1年以上の保険期間の掛け金を一括で支払った場合、賃貸経営の所得計算上は、月割りで必要経費に計上して、将来の期間に相当する部分は前払い費用に計上し、期間に応じて経費に計上します。